【冷蔵】
  • 春の恵みをまるごと食べる【菜の花セット】色々な種類の菜の花をお届け
  • 価格:1,000円(税込)

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼

価格:1,000円(税込)

[ポイント還元 10ポイント~]

注文

在庫 在庫切れ

お気に入りに追加済

「菜の花」の王様「白菜」を中心にセットします!

 

色々な種類がある「菜の花」ですが、別格に美味しいのは断然「白菜」。
他の「菜の花」に比べると野菜の持つ甘さが、頭一つ抜き出ています。

 

しかも、茎が太くて食べ応えも抜群です。

 

今回のセットでは、1種類は「白菜」の「菜の花」をお入れします。
その上で、その時、食べごろの「菜の花」を組み合わせてお届けいます。

 

【翔栄ファームで育ている「菜の花」】

 

・白菜:野崎2号
・カブ:木曽紫カブ、飛騨紅カブ、金町こかぶ
・キャベツ:サクセッションキャベツ
・水菜:紅法師(べにほうし)
・からし菜:赤リアスからし菜、パーマグリーン
・チンゲンサイ:中生チンゲンサイ(なかて―)
・体菜:雪白体菜(せっぱくたいさい)
・ブロッコリー:ドシコ
・カリフラワー:野崎早生(のざきわせ)
・健命寺野沢菜(けんめいじのわざな)
・東京べか菜

 

花が咲く時期が、それぞれ異なっています。
その時、最も美味しい「菜の花」をセットにしてお送りいたします。

 

何が入っているかは、届いてからのお楽しみです。

 

それぞれの野菜について詳しは、こちらの記事をお読みください。

 

いろいろな野菜の「菜の花」をセットで

【いろいろな野菜の「菜の花」をセットで】

 

色々な種類の菜の花が出回らない訳…

 

ところで、「菜の花」ってたくさん種類があるのに、どうして八百屋さんやスーパーでは、ただ一種類の「菜の花」(菜花と良く書いてありますね…)になるのか?

 

先ほども言ったように、「菜の花」は本来「アブラナ科」の野菜の花です。
一般的な農業では、効率を重視するため、野菜を収穫したら、花になるまで待ちません。

 

直ぐに畑を掘り起こして、次の作物を育てます。
同じ畑で、何回も収穫できた方が、収入も増えます。

 

「菜の花」を収穫したければ、食用の品種をその時期だけ育てた方が効率的なのです。

 

ただ、幸いなことに翔栄ファームでは、農地に余裕があるため、効率は二の次にできます。(人手が足りていない…とも言いますが)

 

そして、何よりも、自家採種(自分たちで種を収穫してそれを次のシーズンに使う…)をするには、花まで育てる必要があります。

 

白菜やカブを収穫した後も、「菜の花」になるまで畑に残して置けるのです。

 

 

実は育てるのが大変な「菜の花」

 

野菜を収穫した後に、花まで育てるのは、実はなかなか骨が折れます。

 

まず、冬の厳寒期を乗り越える必要があります。
無農薬のもみ殻を根元に巻いて保温したり、不織布やビニールトンネルをそれぞれ2重にしたり、手厚く保護しました。

 

また、翔栄ファームは農薬を使わないので、除草作業や害虫対策にも手間がかかります。

 

もちろん、暖かければ良い訳ではなく、適切な温度がありますので、その日の気温に応じて、11月から2月にかけて、何回も何回も、トンネルを開け閉めして、温度を調節する必要があります。

 

この点も、いろいろな「菜の花」が出回らない理由かもしれません。

 

「菜の花」まで育てるのは意外に大変

【「菜の花」まで育てるのは意外に大変】

 

ご一緒にいかがですか?